Nikki Yanofsky (ニッキー・ヤノフスキー)



エラの魂を受け継ぐジャズのリトルプリンセス

1994年2月8日生まれの15歳、カナダはケベック州モントリオール出身の若き天才ジャズ・シンガー、Nikki Yanofsky(ニッキー・ヤノフスキー)

昨年グラミー賞を受賞したハービー・ハンコックやBEPのWill.i.amなどとコラボレーションするなど、まだ15歳と若いながらその才能を遺憾なく発揮し、大物アーティストからも認められている。

また07年にエラ・フィッツジェラルド(Ella Fitzgerald)生誕90周年を記念して制作されたトリビュート・アルバム『We All Love Ella』で、15曲目にニッキの超絶的なスキャットが聴ける"Airmail Special"が収録されている。

この"Airmail Special"を収録した当時、彼女はまだ13歳。若くして大人びた歌声のシンガーというのは、近年ではそれ程珍しくはない。しかし、若いジャズ・シンガーというのは少なく、また、これ程までに見事にスキャットを披露しているシンガーというのも、なかなかいないでしょう。

時代を越えて未だに現代における数々のシンガーに多大なる影響を与え続ける、ジャズの女王エラ・フィッツジェラルド。
そんなタイムレスなエラの音楽、魂を受け継ぐ若きシンガーこそ、このニッキー・ヤノフスキー。

まだデビュー・アルバムはリリースされていませんが、期待して待ちましょう。



We All Love Ella: Celebrating the First Lady of Song
We All Love Ella: Celebrating the First Lady of Song


◆公式リンク
Nikki Yanofsky OFFICIAL SITE
Nikki Yanofsky MySpace

0 コメント: